IntenseLife

トレーニング・フィットネス・健康・栄養等の知識・経験を提供し、より多くの人々へより多くの見識を。より良い人生へ。

「健康」の記事一覧

ベジタリアンは長所より短所の方が多い?

調査会社のGlobalDataによると、2014年に続く3年間で、アメリカのベジタリアンの数は非常に少ない数字から、6倍の大きな上昇を見せた。これはイギリスでも同じ話である。Vegan Societyの研究によると、十数年前に比べてベジタリアンの数は350%増えていると報告されている。

L-ノルバリンの脳への危険性

L-ノルバリンは、ボディビルダーやアスリートに摂取されているサプリメントに良く入っているアミノ酸の一種です。運動のパフォーマンスを上げたり筋疲労の回復を促すといった効果があります。しかし、L-ノルバリンには、脳細胞を傷つけ、神経変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病等)を引き起こす可能性が示唆されています。
細胞・物質

TGFbeta2と運動の関係性についての研究

運動に反応して脂肪組織から放出されるアディポカインの一種の、transforming factor beta 2(TGF-beta 2)は耐糖能(糖抵抗性とも)を改善することが、研究で解明されました。運動によって刺激されたTGF-beta 2は、耐当能を改善するだけでなく、肥満のマウスにおいては血中脂肪の値も下げ、代謝の改善が見られたという事です

フラックスシードの健康効果における研究

フラックスシードは植物からのオメガ3脂肪酸の供給源としてよく知られています。今回発表された研究は、フラックスシードと腸内細菌の関係性について調べ、細菌が肥満やその他の生活習慣病に対しての予防になる事を示唆してます。
バクテリア・細菌

運動と腸内細菌の多様性

運動(ランニングや一般スポーツ等)と、細菌が関係しているというのはあまり聞かないのではないでしょうか。運動と共に、健康的な食事を気にかけている方々は、腸内環境も整えられているために間接的に関連しているかもしれません。しかし、今回紹介する研究では運動そのものが腸内の細菌に影響を与える可能性を示唆しています。
食事を6食に分けて食べるのは、トレーニーの基本となってますが…

一日6食で分けて食べるのは健康に悪いのか?

多くのトレーニーやダイエットを行っている人が、「食事は小分けにして食べる方が良い!」と信じて疑わずに一日に食事を6回ほどに分けて摂っている事と思います。しかし、血糖値やインスリンなどの関係で必ずしも食事回数が多い方が良いわけではないのです。この記事では、食事回数と血糖値・インスリンの関係を説明しています。
じゃがいも・いも

炭水化物だけじゃない、いもの栄養とは

いも類は世界中で親しまれている野菜の一種です。炭水化物の塊でダイエットや健康生活にあまりよくないと思われがちないも類ですが、適切に摂れば良い栄養源です。ビタミンや食物繊維などの栄養を紹介します。
冷水シャワーなら…

トレーニング後のシャワーの温度は熱いか冷たいかどっちが良い?

筋トレや運動の後のシャワーの温度はどうすれば良いか、疑問に思いませんか?熱いと筋肉に悪いとか、冷たいとアイシングのように筋疲労を抑えてくれるなど色々な意見があって混乱している方もいるかもしれません。この記事では、運動後のシャワーの温度についての研究について説明して、ベストな方法を紹介します。