IntenseLife

トレーニング・フィットネス・健康・栄養等の知識・経験を提供し、より多くの人々へより多くの見識を。より良い人生へ。

月別: 2019年4月

間違った方法

成長ホルモンはダイエットを妨げるか|最新の研究結果

今回、Nuture Communicatons誌で公表された研究では、この数十年で良く知られるようになった成長ホルモンへの新しい解明が成されました。 成長ホルモンの受容体は筋肉や繊維、肝臓、内臓系等の成長器官に多く見られますが、研究者たちは脳にも多くの成長ホルモンが見られることを新たに発見しました。 脳の成長ホルモンは成長同化に関わっているだけでなく、空腹を感じているときや、ダイエットをしている時にエネルギーを節制する(=カロリー消費を抑える)代謝反応にも影響を及ぼすようです。

タンパク質の1日の摂取量は何gが良いか|最新の研究調査結果

タンパク質の摂取量は諸説あるが、体重×2gが今のところ基準となっている。しかし新しい研究では、筋トレをして筋量を増やそうとする場合や、ダイエット中に筋肉を減らしたくない場合等、それぞれの場合で変わる事が示唆されている。この記事では、陸上競技選手を対象にした最新の国際基準をまとめている。
筋トレにはどうなのでしょうか

腕を太くするために必要な三頭筋のトレーニングの6つのポイント

三頭筋を太くするために鍛えているのに成長しない、と悩んでいる方は少なくないと思います。そんな問題は、筋肉の鍛え方か、食事・栄養バランスにある事が多いのです。この記事では、上腕の6割以上を構成する上腕三頭筋を改善するためのキーポイントを解説していきます。

植物性タンパク質は心疾患の可能性を下げる【メタアナリシス結果】

赤肉(牛や豚の肉)を植物性タンパク質に置き換えた食事は、心疾患の原因をとなる危険因子を減らすことが新しい研究で判明した。研究は、特定の食物と置き換える事で赤肉(動物性タンパク質)の健康への影響を調べる実験の初めてのメタアナリシスとなった。
テストステロンは、筋肉にも影響しますが、他にも役割があるのです。

ふくらはぎの筋トレで重要な事4つ|弱点部位を改善しよう

ふくらはぎのトレーニングをしない方は、まずふくらはぎの筋トレをするところから始めなければいけません。しかし、ふくらはぎを鍛えているのに、なかなか筋肉がつかないという方もいるでしょう。しかし、遺伝だとあきらめてトレーニングを諦めるのはもったいない事です。改善できる点を改良すれば、上半身と下半身のより良いバランスを作る事ができます。 また、多くの女性の悩みであるふくらはぎのむくみや、脂肪なども、筋トレを行う事で血流改善と脂肪貯蓄の阻害ができるため、筋トレを行わないメリットがありません。 では、何を注意してふくらはぎを鍛えれば良いのでしょう。
GI値を意識した洋風の朝食

テストステロンを増やす朝食はシンプルかつ安価である

筋肉を増やすために、強くなるために、もしくは健康でいるためにテストステロンを増やすためにはどんな朝食を食べれば良いのでしょうか? 低脂質の豚肉や馬肉、うずらの卵、、緑茶など多くの健康的な食品が上がると思いますが、朝食としては少し特殊で、高いですよね。 実は、「ベーコと卵にトースト、コーヒー」というシンプルな食事は、テストステロンの向上にも、体づくりにも、そして健康にも良い素晴らしい食事となり得るのです。何故そうなるのか、一つ一つの食品の効能を紹介しましょう。

何故麦に含まれるグルテンが体に悪いのか|ゾヌリンとの関係性

大麦、小麦などに含まれる、麦タンパクの一種であるグルテンに関しては多くの意見があります。セリアック病と呼ばれる、グルテンへの免疫反応がもとになって起こる、自己免疫疾患を持つ方にとっては避けなければいけない物質です。 「病気でなければ、グルテンフリーなんてただの一時的な流行だろう」と心配をしない人が大多数だとは思います。しかし最近の研究では、私たちのほとんどがグルテンと、その仲間であるグリアジンを避けた方が良い事を示しているのです。

ケトジェニックダイエットの向き・不向き|ホルモンと脳の作用

ケトジェニックダイエットは最近の流行になっていますね。確かにケトジェニックには多くのメリットもありますが、全ての人にとって最適なダイエットとは限りません。デメリットを被ることもあります。この記事ではケトジェニックが脳に与える影響やトレーニング、ダイエットへの影響を解説していきます。