IntenseLife

トレーニング・フィットネス・健康・栄養等の知識・経験を提供し、より多くの人々へより多くの見識を。より良い人生へ。

「健康」の記事一覧

テストステロンとアルコールの関係性【害か無害か有益か】

アルコールはテストステロンの分泌に影響があるのでしょうか?分泌に影響を及ぼすのでしょうか?この記事では、テストステロンとアルコールの関係性についての研究を紹介しながら、体内でどのように作用しているのか、害か益かを説明しています。お酒が好きだけど男性ホルモンも気になる方は注目のです。
カフェインが入ったコーヒーは古い時代から親しまれてきました。

カフェインの効果と働き|安全か危険か

多くの人が朝のコーヒーを摂取してカフェインで目を覚ましている事でしょう。 カフェインという天然の刺激物は世界中で最も多く使われている成分の一つでもあるようです。 しかし、カフェインは睡眠や精神に対して良くない影響を及ぼすという心配も良くされていますね。その反面、多くの研究でカフェインの健康へのメリットが示されているのです。

ケトジェニックダイエットとは?メリットや食事などまとめて解説

最近の流行のダイエット方法であるケトジェニックダイエットとは、簡単に言うと炭水化物(糖質)の摂取量を限りなく少なくし、脂質を大量に摂取することでより効率的に体脂肪を減らそう、というダイエットです。 この記事では、どのような仕組みでケトジェニックダイエットが成り立っているのか、どのような食べ物を食べたら良いのか等、ケトジェニックで成功するために必要な情報をまとめました。
脂肪・肥満・エイジング

太れない人必見の太るための食事・食品と生活習慣

ごはんは沢山食べているのに全く太れない、という方を最近よく耳にします。様々な理由は考えられますが、殆どの方は単純に「太るための食習慣が無い」ことが原因となっています。「ラーメン週に4回食べてるけど太らない」「白米4合食べるけど太らない」等の悩みにも答えていきます。

植物性タンパク質は心疾患の可能性を下げる【メタアナリシス結果】

赤肉(牛や豚の肉)を植物性タンパク質に置き換えた食事は、心疾患の原因をとなる危険因子を減らすことが新しい研究で判明した。研究は、特定の食物と置き換える事で赤肉(動物性タンパク質)の健康への影響を調べる実験の初めてのメタアナリシスとなった。
GI値を意識した洋風の朝食

テストステロンを増やす朝食はシンプルかつ安価である

筋肉を増やすために、強くなるために、もしくは健康でいるためにテストステロンを増やすためにはどんな朝食を食べれば良いのでしょうか? 低脂質の豚肉や馬肉、うずらの卵、、緑茶など多くの健康的な食品が上がると思いますが、朝食としては少し特殊で、高いですよね。 実は、「ベーコと卵にトースト、コーヒー」というシンプルな食事は、テストステロンの向上にも、体づくりにも、そして健康にも良い素晴らしい食事となり得るのです。何故そうなるのか、一つ一つの食品の効能を紹介しましょう。

何故麦に含まれるグルテンが体に悪いのか|ゾヌリンとの関係性

大麦、小麦などに含まれる、麦タンパクの一種であるグルテンに関しては多くの意見があります。セリアック病と呼ばれる、グルテンへの免疫反応がもとになって起こる、自己免疫疾患を持つ方にとっては避けなければいけない物質です。 「病気でなければ、グルテンフリーなんてただの一時的な流行だろう」と心配をしない人が大多数だとは思います。しかし最近の研究では、私たちのほとんどがグルテンと、その仲間であるグリアジンを避けた方が良い事を示しているのです。
食事・味覚

食事を食べた後でも空腹が治まらない原因と解消法

空腹は、胃を一杯にしている状態 vs. 胃が空っぽの状態のような単純なものではないのです。物理的に胃が空である、という事は結局空腹という仕組みの一部でしかありません。 野菜でお腹が満たされない理由の一つとしては、全ての野菜が脳に『お腹いっぱいだよ』という信号を送ってくれるわけではないからです。 食欲は、タニサイト(tanycyte)と呼ばれる脳細胞によってコントロールされています。タニサイトは栄養素を見つけ出し、食べている食事の情報を脳に送ります。実はこの細胞、アミノ酸に反応しているのです。