IntenseLife

トレーニング・フィットネス・健康・栄養等の知識・経験を提供し、より多くの人々へより多くの見識を。より良い人生へ。

「研究」の記事一覧

高脂質・脂肪の食事

高脂肪食の腸管細胞の機能停止とインスリン抵抗性への関係性【研究】

脂肪を多く含んだ食事はアシネトバクターと呼ばれる腸内細菌を増やす事で、腸内の細胞(腸管内分泌細胞)の機能を完全に停止させ、脳などの体の部位とのコミュニケーションを断絶してしまう事が、ゼブラフィッシュを用いた研究で判明しました。この機能停止が原因となって、高脂肪食とインスリン抵抗性などの代謝機能障害との関係性がより助長されている可能性が示唆されています。
朝食、健康的食事

栄養価の高い食物は健康に悪い食物より環境に良い【研究】

ミネソタ大学によって公表された新たな研究では、健康的な食事の広域な導入は、農業や食料生産による環境への影響を大きく低下させる事が明らかにされました。動物肉などの食べ物は環境面・健康面共に悪い影響を及ぼす一方で、健康に良い影響がある食べ物は環境への影響も非常に少ないものであったと結論づけています。
じゃがいも・いも

トレーニング中のじゃがいもの摂取はカーボサプリメントと同じ位有効【研究】

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校にによる研究では、トレーニング中にピューレ状にしたじゃがいもを摂取した場合、商品として販売されている炭水化物サプリメント(カーボドリンク・カーボジェル等)と同様な血糖値維持効果とパフォーマンス向上効果があった事が示されています。
養殖業・海洋養殖

魚介養殖の生産量はGDPと文化レベルに対応している【研究】

海洋栽培や海洋養殖としてい知られている魚介類の農業は世界でトレンド化していますが、その開発の軌跡に関してはあまり知られていません。フロリダ州立大学の研究者らは、海洋養殖業と他の要素を関連づけることで、海洋養殖が政治的・経済的状況の形成要因の一つとして捉える見方を示しています。
脳内メカニズム・神経回路・脳内修復

習慣的な茶の摂取は脳内効率の向上につながる【研究】

Impact Journals LLCによる研究では、脳内構造に対する茶の摂取の影響を調べるべく、被験者の茶の摂取歴と機能的・構造的ネットワークの調査を進められ、半球非対称性(人間に通常見られる右脳・左脳の差異)の抑制が確認されました。茶の摂取は、ネットワークの構築が改善される結果として認知機能の保持につながることが示唆されています。