IntenseLife

トレーニング・フィットネス・健康・栄養等の知識・経験を提供し、より多くの人々へより多くの見識を。より良い人生へ。

「筋トレ」の記事一覧

インスリンにあどのような作用があるのでしょうか。

インスリンのメカニズムと脂肪・筋肉に与える影響

インスリンという言葉は、昨今ではフィットネスブームやダイエットブームのおかげで知名度も上がってきましたが、「そもそもインスリンって何?」と思う方もいるでしょう。この記事では、その疑問に答える形で、インスリンの体内でのメカニズムと、筋肉やダイエットへの影響なども解説していきたいと思います。

テストステロンを自然に増やす老若男女に効果的な8つの方法

筋肉を増やしたい?男らしくなりたい?スリムになりたい?若さを保ちたい? テストステロンを増やしたいと考える理由は様々ですが、テストステロンを増やすメリットは男性も女性も、若者からご老人まで平等にあります。 今回は研究によって証明されたテストステロンをナチュラルに体内で分泌させる手段を、8つ取り上げて詳しく解説していきたいと思います。

タンパク質の1日の摂取量は何gが良いか|最新の研究調査結果

タンパク質の摂取量は諸説あるが、体重×2gが今のところ基準となっている。しかし新しい研究では、筋トレをして筋量を増やそうとする場合や、ダイエット中に筋肉を減らしたくない場合等、それぞれの場合で変わる事が示唆されている。この記事では、陸上競技選手を対象にした最新の国際基準をまとめている。
ジム・トレーニング

腕を太くするために必要な三頭筋のトレーニングの6つのポイント

三頭筋を太くするために鍛えているのに成長しない、と悩んでいる方は少なくないと思います。そんな問題は、筋肉の鍛え方か、食事・栄養バランスにある事が多いのです。この記事では、上腕の6割以上を構成する上腕三頭筋を改善するためのキーポイントを解説していきます。
テストステロンは、筋肉にも影響しますが、他にも役割があるのです。

ふくらはぎの筋トレで重要な事4つ|弱点部位を改善しよう

ふくらはぎのトレーニングをしない方は、まずふくらはぎの筋トレをするところから始めなければいけません。しかし、ふくらはぎを鍛えているのに、なかなか筋肉がつかないという方もいるでしょう。しかし、遺伝だとあきらめてトレーニングを諦めるのはもったいない事です。改善できる点を改良すれば、上半身と下半身のより良いバランスを作る事ができます。 また、多くの女性の悩みであるふくらはぎのむくみや、脂肪なども、筋トレを行う事で血流改善と脂肪貯蓄の阻害ができるため、筋トレを行わないメリットがありません。 では、何を注意してふくらはぎを鍛えれば良いのでしょう。
GI値を意識した洋風の朝食

テストステロンを増やす朝食はシンプルかつ安価である

筋肉を増やすために、強くなるために、もしくは健康でいるためにテストステロンを増やすためにはどんな朝食を食べれば良いのでしょうか? 低脂質の豚肉や馬肉、うずらの卵、、緑茶など多くの健康的な食品が上がると思いますが、朝食としては少し特殊で、高いですよね。 実は、「ベーコと卵にトースト、コーヒー」というシンプルな食事は、テストステロンの向上にも、体づくりにも、そして健康にも良い素晴らしい食事となり得るのです。何故そうなるのか、一つ一つの食品の効能を紹介しましょう。
筋力を増やす可能性が示唆されていますが、実際はどうなのでしょうか

ダブルスプリットで筋肥大を狙う際に知っておくべき事とルール

筋トレを一日二回に分けて行う方法である『ダブルスプリット』。ボディビルダーの中ではたまに行われている比較的メジャーなトレーニング方法です。 筋トレを二回するんだから、増える筋肉も二倍になるか、というとそう単純な話ではありません。 ダブルスプリットを上手くトレーニングルーティーンに取り込むことができれば、より頻繁に筋肉を同化させる作用(アナボリズム)を上昇させることに繋がります。 しかし、一日二回するという事は、それだけ体に高いストレス負荷がかかり、オーバートレーニングになってしまう可能性があります。

卵の栄養解説。筋トレ・ダイエットには効果があるのか?

卵は日常に欠かせない食品として日本だけでなく世界中で活躍しています。料理への汎用性も高く、かかるコストも低いため、手に取りやすいという事もあっての人気だと思います。 しかし、栄養価を調べてみると『完全色』と称されるほどに栄養豊富である事が分かります。この記事では、卵の栄養的価値とダイエットやトレーニングとの関係性を中心に解説していきます。