IntenseLife

トレーニング・フィットネス・健康・栄養等の知識・経験を提供し、より多くの人々へより多くの見識を。より良い人生へ。

進化

グッピーに学ぶ生物の進化の本質【研究】

カルフォルニア大学リバーサイド校によるグッピーについての研究では、動物は天敵のいない環境の中で進化し、自身を取り巻く環境を変える事で自身の進化を形作っている事を明らかにしています。研究結果の人間への応用応用可能性は現在調査が進められています。
睡眠

睡眠不足は脂肪代謝に悪影響する【研究】

ペンシルベニア州立大学によって、短い睡眠時間の後に脂質が多い食事を摂取しても満腹感を得にくく、脂肪代謝が変化する事が明らかになりました。 また、稼働日の睡眠時間を補完するために一日だけ多くの睡眠を取った場合でも、十分に脂質代謝は回復しない事が判明しています。
細胞

コレステロールが細胞に統合されるプロセスの重要性【研究】

コレステロールは心臓血管系疾患との繋がりがある事で知られていますが、体内での多くの基礎的なプロセスにとっても重要な役割を果たしています。デンマークのオーフス大学の研究者によって、コレステロールの細胞内への統合・結合に対する全く新しい、画期的なモデルが公表されました。
麻雀

麻雀は精神衛生の改善に役立つ【研究】

ジョージア大学による新たな研究では、麻雀を遊ぶというシンプルな方法が、中国の高齢者におけるうつ病症状等の精神衛生を改善する効果がある事が示されています。研究では、様々な社会アクティビティに頻繁に参加している人ほど良好な精神健康であったことが判明しています。
マルチリンガル・言語能力

マルチリンガル(多言語)能力は認知症予防に効果的【研究】

ウォータールー大学による研究によれば、高い言語能力は認知症発症のリスクの低下に繋がる事が示されています。研究では、アメリカのシスターズ・オブ・ノートルダム(Sisters of Notre Dame)のメンバーであるローマカトリック教会の修道女325人の健康状態が調査されました
ピザ・脂質

脂質を多く含む食事への炎症反応は人によって異なる【研究】

Agricultural Research Service(ARS)とARSカルフォルニア大学デービス校の研究によると、高脂質食に対する身体の炎症反応は、個人によって異なる事が判明しています。炎症とは、身体が白血球にどの程度反応をすれば良いかを伝達する事で起こる一連反応として定義され、食事を行う事で普通に起こる出来事です。