IntenseLife

トレーニング・フィットネス・健康・栄養等の知識・経験を提供し、より多くの人々へより多くの見識を。より良い人生へ。

「研究」の記事一覧

アーモンド・ナッツ

ナッツの摂取は心臓病と脳卒中のリスク低下と関係【研究】

欧州心臓学会の2019年会議にて発表された研究では、一週間に最低2回のナッツの摂取は、心臓疾患による死亡のリスクを17%下げる事に関係している事が示唆されています。ナッツは不飽和脂肪酸が多く、タンパク質、ミネラル、ビタミン、食物繊維、ファイトケミカルなどの、心臓の健康に対して非常に有益な物質を多く含んでいる食品です。
細胞

プロバイオティクスのイースト菌の仕組み【研究】

VIB(The Flanders Institute of Biotechnology)の研究者たちが発見したところによると、サッカロマイセスブラウディ(Saccharomyces boulardii)と呼ばれるプロバイオティクスの特性を持つイースト菌が非常に多くの酢酸を生成するようです。 更に、その特質の遺伝的基盤の発見もなされているため、イースト菌の酢酸生成の調節も可能になる事が示唆されています。
かゆみ

脳がかゆみを感じるメカニズム【研究】

人間の触覚は日常の至るところで使用されていますが、人間のかゆみを感じるプロセスは通常の触覚とは異なるようです。ソルク研究所の新たな論文によると、脊髄に存在するY1神経が、脳にかゆみを伝達する役割の一端を担っていることを明らかにしました。
DNA

糖尿病患者のがんへのハイリスクはDNAの損傷が原因か【研究】

アメリカ化学会の2019年の学会にて発表された研究によって、糖尿病患者のがんへのハイリスクの原因となる可能性を発見されました。DNAは、血糖値が高い場合には、通常の健康的な値の場合よりもダメージを持続しやすく、修復が行われにくい事が判明しており、それが原因となってがんのリスクが増加している事が示唆されています。
歯磨き・口腔内健康

運動選手の口腔内健康は悪い傾向にある【研究】

運動選手(アスリート)は、一般的な人よりも歯を磨くなどのオーラルケアをしているにも関わらず、口腔内の疾患に罹る割合が高い事が新たな研究で示されています。口腔内環境の悪化の原因として、トレーニング中のエナジードリンクやエナジーバー・エナジージェル等が挙げられています。
細胞

BCAA(アミノ酸)に作用する褐色脂肪細胞のメリット【研究】

ラトガース大学等の研究者によって行われた研究では、褐色脂肪として知られる褐色脂肪細胞はBCAAの血液中からの排斥に貢献する事で、肥満や第Ⅱ型糖尿病への新たな療法になる可能性が示唆されています。研究で新たに発見されたSLC25A44と呼ばれるタンパク質は、褐色脂肪がBCAAを血中から排出し、エネルギーと熱の生成に使用する変化量をコントロールしている事も判明しています。
バター

新しい低脂肪・低カロリーバターの開発【研究】

コーネル大学の研究者によって、大部分が「水」でできた、新たな低カロリーのバターを開発する、高内部位相エマルジョン(HIPE)と呼ばれる方法が発見されました。この低カロリーバターは大さじ25.2kcalで脂質を2.8g含んでおり、非常に低カロリー・低脂質である事が主張されています。
包装食品・加工食品

イギリスの食品は比較的健康的である【研究調査】

The George Institute for Global Healthによって12か国の間で行われた食品健康・栄養調査では、包装食品・飲料の健康性に関するランキングでイギリスはトップに立ち、次いでアメリカ、オーストラリアという順位になった事を示し、更にインドやチリなどの貧民国の食品不健康性を示唆する結果となりました。