IntenseLife

トレーニング・フィットネス・健康・栄養等の知識・経験を提供し、より多くの人々へより多くの見識を。より良い人生へ。

「病気・疾患」の記事一覧

マルチリンガル・言語能力

マルチリンガル(多言語)能力は認知症予防に効果的【研究】

ウォータールー大学による研究によれば、高い言語能力は認知症発症のリスクの低下に繋がる事が示されています。研究では、アメリカのシスターズ・オブ・ノートルダム(Sisters of Notre Dame)のメンバーであるローマカトリック教会の修道女325人の健康状態が調査されました
目・視力

偏った食事生活は視力低下に繋がる可能性【研究】

ブリストル大学の研究者によって発表された論文によると、極度に偏った食事生活は、若年患者の失明・視力喪失の原因になる可能性がある事が示唆されています。研究者は、視力低下症状と質の悪い食生活を伴う患者において、失明を回避するために栄養視神経症の早期的な考慮を呼び掛けています。
DNA

糖尿病患者のがんへのハイリスクはDNAの損傷が原因か【研究】

アメリカ化学会の2019年の学会にて発表された研究によって、糖尿病患者のがんへのハイリスクの原因となる可能性を発見されました。DNAは、血糖値が高い場合には、通常の健康的な値の場合よりもダメージを持続しやすく、修復が行われにくい事が判明しており、それが原因となってがんのリスクが増加している事が示唆されています。
紅茶

フラボノイドはがんや心臓病を予防する【研究】

エディスコーワン大学の研究者によって行われた調査では、リンゴや紅茶に含まれるフラボノイドの摂取は、がんと心臓病を予防する効果があり、特に喫煙者や飲酒家に効果的である事が示唆されています。フラボノイドはファイトケミカルの一種であり、抗炎症作用・血管機能改善作用がある事が分かっている物質です。
記憶・認知能力・脳

食事から摂れるコリンは認知症予防に効果的【研究】

東フィンランド大学の研究者によって行われた研究は、卵や肉類に主に含まれる、ホスファチジルコリンの食事からの摂取と認知症のリスクの低下との関連性を調べた初めての研究となりました。ホスファチジルコリンは認知機能の向上にも関わっている事が研究で示されています。